THE ORIGINAL POLO BUTTON-DOWN OXFORD

ポロカラーシャツ

ジョンのひらめきが永遠の定番を生み出した

ボタンダウンシャツはアメリカンクラシックの永遠のスタンダードナンバー。ファッションアイテムの中で、これほど多く模倣されたシャツはないでしょう。

ブルックス ブラザーズではボタンダウンシャツを「ポロカラーシャツ」と呼んでいますが、それは誕生した逸話に由来します。創業者の孫、ジョン・E・ブルックスが英国でポロ競技を観戦している時に選手のユニフォームの襟先に付いたボタンに気付きました。風で襟があおられてプレーの邪魔にならないようにと襟先が留められていたのです。

1896年、ジョン・E・ブルックスはそのユニフォームをニューヨークに持ち帰り、さっそくシャツに仕立てて販売、大きな評判を呼びました。ジョン・E・ブルックスのひらめきがなければ、定番中の定番のシャツはこの世に生まれることはありませんでした。この逸話からブルックス ブラザーズでは、今でもこのシャツを「ポロカラーシャツ」と呼んでいます。

美しいカーブを描く襟のロール具合、クラフツマンシップ溢れる「本巻き縫い」の仕立て、袖とカフスの間のギャザーなど、誕生以来、ほとんど仕様を変えずに生産されています。定番のオックスフォードクロスを使ったモデルはノースキャロライナにある自社工場で“Made in America”の誇りをともに今も生み出されます。

ポップアートの天才、アンディ・ウォホールは、広告制作で得た初めての報酬で、白いポロカラーシャツを100枚買ったと言われています。イタリアを代表する伊達男で知られる元フィアットの総帥ジャンニ・アニエリは、毎年、ニューヨークの店に訪れて、ダース単位でポロカラーシャツを購入したと伝えられています。ポロカラーシャツは、100年を超える歴史を持つ、アメリカンクラシックを象徴する存在ではないでしょうか。

SHOP THE ORIGINAL POLO BUTTON-DOWN OXFORD LEARN MORE - AN AMERICAN ICON RETURNS
PAGETOPPAGE
TOP