期間中30,000円(税抜)以上のお買い上げの方の中から、歴代ゴールデン フリース ロゴを象った限定ピンバッジを抽選でプレゼント

社会貢献活動

BROOKS BROTHERS SOCIAL PURPOSE

“At Brooks Brothers our legacy of serving the community dates back to our founding nearly 200 years ago. We view this commitment to Social Purpose not only as our responsibility but also as our privilege.”

— Claudio Del Vecchio, Chairman & CEO, Brooks Brothers


ブルックス ブラザーズでは、創業間もない頃から社会貢献活動を行ってきました。社会に貢献するということは、ブランドにとっての責任であるとともに、大変名誉なことでもあります。

— クラウディオ・デル・ヴェッキオ
ブルックス ブラザーズ会長兼CEO

ブルックス ブラザーズ ジャパンにおける社会貢献

2005年より始まったブルックス ブラザーズ ジャパンの社会貢献活動。2014年秋冬よりは一部商品の売り上げの10%を、「難病の子どもたちの夢をかなえる」ことを目的とした国際的非営利ボランティア団体である「Make a Wish」(メイク・ア・ウィッシュ)に寄付しております。

対象商品

チャリティベア

GUND(ガンド)社製のチャリティベア。大切な方やお子様への贈り物にもお薦めです。

アウトレット限定「チャリティトートバッグ」

ブルックス ブラザーズのアウトレット店でのみお取扱いしている、トートバッグ。ホワイトとネイビーの2色展開です。

※対象商品は予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。

Make-A-Wish

Make-A-Wish とは

英語で「ねがいごとをする」と言う意味の「make a wish-メイク・ア・ウィッシュ」。
メイク・ア・ウィッシュは、3歳から18歳未満の難病と闘っている子どもたちの夢をかなえることを唯一の目的とした国際的ボランティア団体です。難病の子どもたち一人ひとりが心に描いている夢を実現することで、生きる力や病気と闘う勇気を持ってもらいたいと願って設立されました。

メイク・ア・ウィッシュ・インターナショナルの本部はアメリカのアリゾナ州フェニックスにあります。アリゾナで始まったメイク・ア・ウィッシュは、アメリカ全土に広がり、現在アメリカ国内及び、プエルトリコ、グアムなどに62の拠点があります。日本での活動は、1992年に沖縄でスタート。その後、1994年に事務局を東京に移し、現在は全国9都市に支部を置き、活動を展開しています。

PAGETOPPAGE
TOP