How to MODERN AMETORA vol.1 Suits “大統領のスーツ”で信頼感をまとう

スーツを着ることで、
あなたが表現したいイメージは
どんなものでしょうか?
もしそれが「信頼感」や「上品さ」だとしたら、
ブルックス ブラザーズのスーツは
最高の選択肢になりえるはずです。

アメリカン・トラディショナルの元祖として、
歴代の大統領にも愛された由緒ある歴史。
そして、現代のライフスタイルに合わせて続ける進化。
伝統と革新を両輪とする、アメトラスーツの象徴。
その魅力をここにご紹介します。

AMETORA
Suits Chronicle
アメトラスーツ 進化の軌跡

アメトラスーツの元祖にして最高峰。ブルックス ブラザーズがそう称されるのには、れっきとした理由があります。

その起源は、1849年のゴールドラッシュの時代、成功を収めた多くの開拓者が必要としたのは、自らの信頼感を高めるためのスーツ。しかし当時、スーツといえばオーダーメイドが常識で、お店ですぐさま買えるものではありませんでした。

そこに着目したのがブルックス ブラザーズ。新時代のビジネスマンに向けて、既製スーツの販売を開始したのです。

ひとりひとりの体型に合わせて作るオーダーメイドと違い、既製スーツは万人にフィットするものでなくてはなりません。そこでブルックス ブラザーズは、体を包み込むような柔らかい肩周り、そしてウエストの絞りを緩くした独特のシルエットを採用します。これらはのちに「ナチュラルショルダー」「ボックスシルエット」と呼ばれ、ブルックス ブラザーズの、ひいてはアメリカンスーツの典型として認知されるようになりました。

そんなイノベーションの歴史は、創業200年を超えた今もなお、現在進行形で続いています。クラシックな見た目を維持しつつ快適な機能性を叶えた「エクスプローラー」シリーズ、日本随一のファクトリーとタッグを組み、史上最高のクオリティを目指した「1818」シリーズは、その代表格と言える存在です。

信頼感とは、ひたむきな研鑽からにじみ出る説得力です。ブルックス ブラザーズのスーツが演出する信頼感、その源となるのは、世紀をまたいで積み重ねてきたイノベーションの歴史なのです。

Discover YourAMETORA Suits Style タイプ別・アメトラスーツのスタイルブック

ブルックス ブラザーズが
現在展開するコレクションより、
3つのタイプに分けたスタイルサンプルをご紹介。
あなたのライフスタイルに合わせた一着で、
アメトラスーツの魅力をご堪能ください。

Style1 Functional & Stylish エレガンスと快適さを両立したいなら EXPLORER SUITS

商品画像

ルックスは、伝統的なエレガンスを備えたクラシックスーツそのもの。しかし実際に袖を通すと、圧倒的なまでの軽さに驚くはずです。

「EXPLORER」と銘打ったこちらは、現代のビジネスウェアにおいて常識となった“きちんと感”と“快適さ”の両立に注力したシリーズ。

商品画像

ウール100%でありながら撥水性・ナチュラルストレッチ性・防シワ性を備えた生地を採用し、抜群の機能性を実現しました。日本が誇る毛織物の名産地・尾州の織元と、糸1本から開発したオリジナルファブリックです。

商品画像

さらに、仕立てを極限まで軽量化しているのも特筆すべきポイント。太陽にかざすと光が透けてみえるほどで、非常に優れた通気性も発揮します。

強調したいのは、あくまでアメトラの品格を堅持しながら快適さを叶えている点。高機能スーツが当たり前となった今においても、これはブルックス ブラザーズにしか表現できないバランスなのです。

商品画像 SUITS ¥121,000INC. TAX

ノータイがメインとなるこれからの季節にもぴったりな「EXPLORER」スーツ。上品さを保ちつつも軽やかな着心地で、ビジネスシーンをサポートします。

ブルックス ブラザーズのアイコンである「ポロカラーシャツ」を合わせれば、シンプルにしてアメトラの魅力が際立つ装いに。ネクタイがないぶん、色柄の効いた一枚をチョイスしてコーデイネートにアクセントを加えているのもポイントです。

商品画像 SUITS ¥121,000INC. TAX

さまざまな機能を備えつつ、ウール100%ならではの上質感と立体的な仕立て映えを実現しているのも「EXPLORER」スーツの特徴。そのため、キリッとタイドアップした装いにもしっかりマッチします。

スタイリングは、近年のトレンドカラーであるグリーンを効かせて。定番色であるブルーと同じく春夏にぴったりな清涼感も備えながら、洒脱でモダンな印象も発揮できるのが魅力です。

Style2 Just Want to be Free! 見た目も着心地も自由でいたいなら Casual Set-Up

商品画像

働き方の多様化に応じて、ビジネススタイルの許容範囲もひと昔前とは大きく変わりました。ノータイはもちろん、Tシャツやクルーネックニットを合わせた“襟なしスタイル”も決して珍しいものではなくなりつつあります。

そんな時代に合わせて近年充実させているのが、カジュアルテイストなセットアップのコレクション。ストレッチ性とウォッシャブル性を備えたナイロン×ポリウレタンやシワに強いポリエステル×コットンなどの素材を採用し、着心地はもちろんルックスも軽快感たっぷりに仕上げました。

ジャケットとパンツを別々に購入できるのもセットアップならではの特徴で、それぞれを単品で使うことも可能。着こなしの自由度もグッと高まります。

商品画像

そして、カジュアルでありながらも品のよさを醸し出せるところがアメトラスーツならではの魅力。パッチ&フラップポケットや袖の2つボタン、フラップつきのコインポケットなど伝統的な意匠もさりげなく配し、モダンでありながらトラッドな魅力も活かしています。

商品画像 JACKETS ¥70,400INC. TAX PANTS ¥28,600INC. TAX

1960年代のアメリカで流行した「T/Cポプリン」とよばれるファブリックを採用。ポリエステルとコットンを混紡した糸による平織りの生地で、糸が高密度に打ち込まれるためシワになりにくいのが特徴です。

ポロシャツなどにもよく合いますが、タイドアップするならニットタイがおすすめ。ポロカラーシャツで首元もスポーティに仕上げれば、カタ苦しく見えないエレガントカジュアルな装いに。

商品画像 JACKETS ¥58,300INC. TAX PANTS ¥28,600INC. TAX

ナイロン×ポリウレタン素材を採用した新機軸のセットアップ。縦横の2方向に伸びる優れたストレッチ性を誇るほか、家庭で手洗いができるウォッシャブル仕様であることもポイントです。

生地の耐久性を高めたリップストップ生地がカジュアルな印象で、シャツやサマーニットなど襟なしのインナーと合わせるのにぴったり。出張やオフの装いにも活用できる一着です。

Style3 The American Dignity 最高級の品格アメトラをまとうなら 1818 Collection

商品画像

最高のクオリティを追求する。これは、ブルックス ブラザーズが創業当初から掲げる理念のひとつです。その伝統を現在の技術で表現したのが、ブランド創業年である「1818」を冠したコレクション。製作を手がけるのは、日本でも最高峰の仕立て技術を誇る名門ファクトリーです。

商品画像

一般的なスーツ作りの2〜3倍という手間をかけ、職人の手仕事によるアイロンワークを施しているのが大きな特徴。これにより、首に吸いつくようなフィット感、そして肩や胸周りに絶品の立体美を備えた仕立て映えを実現しています。

昔ながらのフル毛芯仕様、そしてミリ単位までこだわった縫製も魅力で、長い歴史をかけて培われてきた本格テーラリングの粋を味わえる一着です。

商品画像

もちろん素材にもこだわり、イタリアの名門タリア・ディ・デルフィノをはじめとした高級ファブリックを贅沢に採用。アメトラの元祖たる伝統美と日本のクラフツマンシップの融合が叶えた、まさにエグゼクティブのためのスーツといえます。

商品画像 SUITS ¥198,000INC. TAX

今年、久々に再注目されているライトグレーの無地スーツ。往年のハリウッドスターを彷彿とさせる華麗さと、ビジネスシーンの信頼感を高めるエレガンスが同居する一着です。

「ハニーウェイ」と名づけられたタリア・ディ・デルフィノのウールは、スーパー150’Sという極めて繊細な原毛を採用。ほのかな光沢をたたえたラグジュアリーな風合いで、仕立ての上質さをいっそう際立たせています。

商品画像 SUITS ¥198,000INC. TAX

こちらはトレンド不問のネイビーストライプスーツ。遠目からは無地に見える控えめな柄のため、幅広いコーディネート&シーンに対応します。生地は上と同じく、タリア・ディ・デルフィノの「ハニーウェイ」。仕上げに蜜ロウを用いることで、しっとりとなめらかな肌触りも実現しています。

赤系のストライプタイを胸元に飾れば、これぞアメリカという明朗で力強いスーツスタイルが完成。

Introduced ITEM

PAGETOPPAGE
TOP