7/24(水) オフィシャルサイト リニューアルのお知らせ 詳細はこちら

SELECTION OF LUXURY GIFT

2023
HOLIDAY GIFT

ファッションのプロが選ぶ
「大切な人にあげたい!」リスト

センスのいい7人の
ギフトのこだわり

贈られる人だけでなく、贈る人も幸せにしてくれる。
ブルックス ブラザーズには、そんなギフトが揃っています。どんな人に、どんなギフトを贈ろうか。
今回スタイリスト、モデル、カメラマンなどファッションに造詣が深い方々に、
この冬に贈りたいギフトを選んで頂きました。そこに込められた想いとは。
コメントを読むだけで、あたたかい気持ちになれるはずです。

TAKASHI SAKURAI

SELECT

“贈った自分もうれしくなる、
そんなギフトがある”

PROFILE

モデル

櫻井貴史

1979年生まれ。1997年よりモデル活動をスタート。アジアなどでも活躍し、日本を代表するメンズファッションモデルとして数々のメディアに出演。今年5月には、フォト&エッセイ集「COMPOSITE」を出版。

GIFTSfor女性の友人に

“アメトラを男女で
楽しむって素敵です”

ゴールデン フリース柄をインターシャ編みでデザインした、クルーネックのウールニット。コンパクトなシルエットで、長めのリブがアクセントに。「アメトラが男女ともに人気の今、こんなストレートなデザインはきっと喜ばれるかと。デニムパンツかロングスカートと合わせると、とてもカワイイと思います。それにしてもこのロゴって、すごく愛らしいですよね。ほっこりした感じが、ギフトシーズンにぴったりではないでしょうか」

GIFTSfor友人に

“寝る時の装いにも、
こだわって欲しい”

コットン生地に、ブラックウォッチやタータンチェックをクレイジーパターンであしらう。ウエストはドローコード。軽やかな風合いで、リラックス感たっぷり。「男性の場合、パジャマを愛用している人は少ないように思います。だからこそ、ギフトでもらったらうれしいですよね。クレイジーパターンのチェックは、どこか懐かしい感じがします。寒い冬の夜も、これを着れば充実したナイトタイムを過ごせるのではないでしょうか」

GIFTSfor女性のモデル仲間に

“あたたかくてオシャレ、
冬ロケのお供に”

カシミア100%ならではの、ふわりとした優しい肌触りが魅力。トーンの異なるグリーンのリバーシブルで、それぞれにゴールデン フリース柄があしらわれています。「これからの季節の外ロケは、寒さ対策が必須ですから(笑)。肌触りのやわらかなカシミアのストールは、とても活躍してくれると思います。グリーンのリバーシブルは、男女で兼用も可能。暗くなりがちな冬コーデのアクセントとして使ってもらえたら、うれしいですね」

GIFTSforお世話になった人に

“感謝の気持ちを、
色でも示したいですね”

シルクのレジメンタルタイ。ビジネスにはもちろん、パーティにも映える鮮やかな配色が見どころ。「独特なグリーンのトーンが気に入りました。男性でこのカラーリングを好まない人は、いないんじゃないかな。ネクタイはギフトの定番ですが、だからこそ色の組み合わせで僕らしさを知ってもらいたいですね。実はこれとは別に、キツネや犬モチーフのネクタイも気になっています。遊びの効いた柄を選ぶのも、ギフトの醍醐味ですから」

MARIKO ASABUKI

SELECT

“贈りたい顔が
すぐに浮かぶギフトです”

PROFILE

小説家

朝吹真理子

1984年生まれ。2009年に新潮10月号でデビュー作「流跡」を発表。同作で翌年ドゥゴマ文学賞を最年少で受賞。2011年には「きことわ」で第144回芥川龍之介賞を受賞。芸術や文化など、様々な視点で綴るエッセイも人気。

GIFTSfor知人に

“保護活動に対する
敬意と感謝を込めて”

ウールにカシミアをブレンド。ケーブル編みとボンボンが、トラッドな雰囲気をアピールします。ネイビーやキャメル、ブラックも揃う中、朝吹さんは色鮮やかな赤をチョイス。「今年、長野県松本市に引越し、保護猫の活動をしている知人への引越し祝いにいいな! と思い浮かびました。保護活動は路上で過ごす時間も多いので、寒い冬の松本市での活動は大変。あたたかそうで、明るいふかふかニットキャップをかぶってほしいです」

GIFTSfor自分に

“新しいスタイルを
より楽しむために”

アメトラスタイルへの注目が男女ともに増す中、朝吹さんもオックスフォード生地のボタンダウンシャツに興味津々とか。素材はコットン。洗いざらしが様になる、味深い風合いが魅力です。「先日、ブルックス ブラザーズのチノパンを友人にすすめられ、メンズの一番小さなサイズを購入し愛用しています。シルエットや生地感がとても気に入っているので、今度は自分へのギフトとして、ボタンダウンシャツを合わせたいと思いました」

GIFTSfor友人に

“こんなパジャマなら、
きっといい夢を”

コットンのオックスフォード生地を使ったパジャマは、ギフトシーズンに限らず定番人気のアイテム。クリーンな白地にあしらったパイピングが、ブルックス ブラザーズらしいクラシックな雰囲気を楽しませます。「文楽の太夫さんから、家でも公演中のホテルでも、いかなるときもブルックス ブラザーズの白パジャマで寝ていると聞いてから、睡眠が取りづらい友人がいると贈りたくなります。すべすべして気持ちよさそうです。」

GIFTSfor後輩に

“大好きな愛犬が、
外出中もずっとそばに”

フリスビードッグを織り生地で表現したキーフォブ。内側にはレザーがあしらわれ、ポップにして上質感も楽しませてくれます。「大きな黒い犬を飼っていた友人がいるのですが、写真で見たその愛犬に少し似ているんです。以前、愛猫が亡くなったとき、友人が愛猫に似ているマグカップをプレゼントしてくれて、その気持ちがとてもうれしかったのを思い出しました。これを見るたび、猫のことも友人のことも、同時に思い出します」

KAZUKI NAGAYAMA

SELECT

長く使えるベーシックな
デザインが揃うのが魅力

PROFILE

写真家

長山一樹

1982年生まれ。高校卒業後、フォトスタジオを経てフォトグラファー守本勝英に師事。2007年に独立し、数々のファッション雑誌や広告にて活躍。スーツスタイルを好み、写真はもちろん、そのスタイルにも注目が集まる。

GIFTSfor父に

“いつまでもカッコいい父で
あって欲しい”

時代もトレンドも超越した、まさしく永久定番にして名作と呼べるオックスフォード地のボタンダウンシャツ。長山さんも、その普遍的な魅力を認めます。「僕たちの親世代は、定年退職して以降、服装に気を遣わなくなってしまう傾向にある気がします。そんな父には、シンプルだけど普遍的なトラッドアイテムを贈りたいですね。ブルックス ブラザーズのボタンダウンシャツなら、シンプルなコーデでも好印象を与えられると思います」

GIFTSfor自分に

“自己流だけじゃなく本流を
知ることも大切”

アメリカにおけるマナーやアドバイス、格言などを紹介するジェントルマン ブックシリーズ。長山さんが選んだのは、紳士のドレスアップにおける作法やルールについて記された「ブック ア ジェントルマン ゲッツ ドレスドアップ」です。「スーツスタイルを好んではいますが、その着こなし方は自己流。そろそろ歴史に基づいたルールを学びたいと思っていたところです。重厚感のある装丁は、置いておくだけでも様になりますね」

GIFTSfor息子に

“息子の成長の喜びを、
装いでも感じたい”

バーガンディー、グリーン、ゴールド、ネイビー、イエローと4色展開されるボウタイ。どの色もギフトシーズンにぴったりです。紳士のお知り合いへのギフトかと思いきや、相手はなんと息子さん。「長男が来年小学校を卒業するんです。その記念写真を撮る際に、ボウタイを締めてあげたいなと。ネクタイでも良いのですが、ボウタイの方がなんだか洒落て見えますし、なにより小学生のボウタイ姿なんて、とってもカワイイですよね」

GIFTSfor義母に

“オシャレを楽しむのに、
年齢は関係ない”

カシミアストールは、無地とチェックのリバーシブル仕立て。長山さんが選んだのはメンズですが、贈る相手は義母だとか。「色がとても品良いですよね。義母が住んでいるのは北海道。軽くて暖かいカシミアスカーフは、きっと重宝することでしょう。年齢を重ねると使い勝手を優先した無地を選びがち。だからこそ、チェック柄の方を使って欲しいですね。僕の息子も、チェック柄を楽しむオシャレなおばあちゃんが大好きだと思います」

KUMIKO OBINATA

SELECT

“誰にあげても喜んでもらえる、
そんなギフトが沢山”

PROFILE

パーソナルスタイリスト

大日方久美子

1976年生まれ。アパレル企業勤務を経て、パーソナルスタイリストに。アーティストを中心にスタイリングを手掛けると共に、ファッションアドバイザーとしてデザインにも携わる。犬猫の保護活動も精力的に行う。

GIFTSfor夫に

“いつまでも素敵な人だと
思わせて欲しい”

1着ずつ手編みされたジップアップを採用したカウチンセーター。ウール糸をローゲージで編み上げたニットならではの包み込まれるようなあたたかさが魅力。フロントとバックにはゴールデン フリースが編み込まれています。「カウチンセーターは、個人的に海や山が似合うと思っています。ほっこりした気分になりますよね。夫がサーフィンをするので、海上がりに冷えたカラダをこんな1着であたためていたら、とても素敵だと思って!」

GIFTSfor自分に

“改めて自分が好きなモノを
再確認出来た”

ベーシックなプレーントゥの編み上げショートブーツ。内側にはジップがあしらわれ、脱ぎ履きがスムーズに行えます。素材はカウレザー。アウトソールにはハーフラバーが張られています。「トラッドな雰囲気のレースアップブーツは、昔からずっと大好きだったんです。それなのに、ふと最近履いていないことに気づき、この1足を見た時改めて履きたいなと思いました。久しぶりに履くと、スタイリング全体が新鮮に感じますよね」

GIFTSfor保護活動仲間に

“大切な活動だからこそ、
ちゃんと自愛を”

カシミア100%のストールは、ライトグレーの無地とグレンチェックのリバーシブル仕立てに。長さは182.5cm 、幅は30cmと、普段使いしやすいサイズになっています。「地域に住む外猫を捕獲して保護したり、また保護している沢山の犬たちを散歩に連れてゆくなど、犬猫の保護活動は外での行動がとても多いです。これから冬にかけて、寒さがカラダを壊さないか心配。こんなカシミアのストールで、しっかりあたためて欲しいです」

GIFTSfor友人の子どもに

“宝物を見つけたみたいな
笑顔が目に浮かぶ”

シルバーの光沢感が美しく、小さなアイテムながら上質感をしっかりと訴えてくれるフォンリング。スマートフォンなどの裏面に装着するもので、その中央にはゴールデンフリースが刻印されています。「友人の娘が、最近携帯電話を持ち始めたんです。初めて自分だけの電話を持てたことにとてもワクワクしている姿が、それはもうかわいくて(笑)。その笑顔を見ていると、ついかわいい携帯アクセサリーをあげたくなっちゃいました」

MASAHIDE TAKEUCHI

SELECT

“目の肥えた大人が喜ぶ、
質の高さはさすがですね”

PROFILE

スタイリスト

武内雅英

1977年生まれ。雑誌の編集者を経てスタイリストに。ドレスからモードまで、幅広い知識と鋭い感度、丁寧なスタイリングで、「メンズクラブ」をはじめとした数々のメンズファッションメディアを中心に活躍する。

GIFTSfor妻に

“革質、サイズ、色、
どれもが使い勝手良し”

手頃なサイズ感のミニバッグ。それでいて、しっとりとした上質なカウレザーやゴールドカラーをまとったパーツが、エレガントな印象をアピールしてくれます。「ストラップを付け替えれば、手提げバッグとしてだけでなく、ショルダーバッグとしても使えるのがいいですね。身の回り品を入れるのにちょうど良いサイズは、普段使いに打ってつけ。何にでも合わせやすいグレージュというのも、ギフトアイテムとして魅力な点です」

GIFTSfor女性の友人に

“日常でリアルに
ヘビロテする1着です”

畔編みのウールニットを採用したカーディガン。ショールカラーに刻印入りボタンがトラッドな落ち着きを見せつつ、オフホワイトカラーがやわらかな印象に。「メンズアイテムですが、ゆったりとしたシルエットが男女ともに主流の中、あえて女性が着ても良いと思います。これ1着で結構あたたかいので、ワンマイルウェアとしても重宝しそう。冬シーズンは、こんな羽織りものがあると何かと便利なので、喜んでもらえるかと」

GIFTSfor仕事でお世話になった人に

“冬コーデには
こんなアクセントが便利です”

3色のゴールデン フリースがプリントされたスカーフはシルク製。写真のマスタードとともに、ネイビーやベージュも揃います。「アウターのボリュームが増す分、なんとなく首元が寂しくなりがちな冬コーデ。こんなスカーフをアクセントに効かせることで、コーディネート全体が締まります。一応メンズアイテムですが、このキレイな光沢と品の良いプリントは、男女問わず使えるかと。まさに、ギフトとしてオススメなアイテムですね」

GIFTSfor友人に

“こだわりが強い人にも
安心して贈れます”

ラムウールで編み上げたニットキャップは、写真のネイビーの他、ブラック、ブラウン、ブルー、オリーブ、マスタードと、カラバリが豊富に揃うのがうれしいところ。「選べる色の選択肢が多いと、ギフトとしてとても助かりますよね。シンプルなデザインは、スタイル関係なく合わせられます。これも、男女兼用が可能に。上質なラムウールをスコットランドで編み上げたという蘊蓄も、オシャレ好きには刺さるのではないでしょうか」

CAP
¥9,900

INC. TAX

KYOKO KAME

SELECT

“特別感と高級感、選んでいる
時間も楽しくなります”

PROFILE

スタイリスト

亀 恭子

1978年生まれ。OLを経てスタイリストデビュー。多くのモデル、著名人から信頼されるスタイリングと共に、アパレル企業との製品共同制作やパーソナルスタイリングなど多様に活動。Brooklyn ribbon flyのfounder。

GIFTSfor友人に

“これを履いて素敵な場所に
行って欲しい”

パラブーツの名作シャンボードを別注。パテントレザーにキルトをあしらい、フレンチにしてアメリカントラッドなシューズに仕上げています。「お誕生日プレゼントとして贈りたいと思います。昔から「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」と言います。私はそれを信じていて、だから靴を贈る相手は特別な存在です。フラットなシューズをワンピースの足元に合わせた姿がすぐイメージ出来たのも、これを選んだ理由です」

SHOES(入荷時期未定)
¥90,200

INC. TAX

GIFTSfor年上の仕事仲間に

“どう着こなすのかを
想像するのが楽しみ”

ウール糸によるアラン編みニット。モックネックでホワイトという組み合わせが、品良くあたたかみのある着姿を楽しませます。「いつもシンプルで上質な服を纏い、華やかな雰囲気がとても素敵な方に贈りたいです。年齢を重ねるほど美しくなる、まさに憧れの存在なんです。とてもオシャレな方なので、きっとこのセーターもモダンにミックスして楽しんでくれそう。そんな彼女のスタイリングを見てみたいという願望も含めて(笑)」

GIFTSfor夫に

“夫へのギフトに、
と言いつつ自分も愛用”

フロントにゴールデン フリース、後ろには1818とエンブロイダリーであしらうコーデュロイキャップ。色は、ブラック、モカ、ネイビー、マスタードと4色が展開されています。「キャップが大好きな夫に。日常使いはもちろん、ラグビー観戦や家族キャンプ、ゴルフなどを楽しむ夫にとってはマストアイテム。持っているのが黒やネイビーばかりなので、せっかく贈るならこんなモカを。上品な色合いなので、ちゃっかり私も使います(笑)」

CAP
¥8,800

INC. TAX

GIFTSfor義母に

“感謝と共に
心地良い眠りを届けたい”

ブルックス ブラザーズのハウスチェックであるブラックウォッチに、赤いパイピングがギフトシーズンらしいパジャマ。「いつも惜しみない愛情で3人の孫をお世話してくれる義母に、感謝の意味を込めて贈りたいです。ばぁばのサポートなしでは、我が家はもはや立ちゆきませんので(笑)。日中忙しくさせている分、夜はオシャレなパジャマでぐっすりと安眠してもらいたいです。こんなパジャマなら、自分が貰ってもうれしいですよね」

MASAHIRO NISHIKAWA

SELECT

“時代やトレンドを超越する、
アメトラの魅力を実感”

PROFILE

編集者

西川昌宏

1975年生まれ。大学卒業後、アルバイトを経て現ハースト婦人画報社に入社。数々の特集を手掛け、メンズクラブ編集長とエスクァイア・ザ・ビッグ・ブラック・ブックのファッション ディレクターを兼任する。

GIFTSfor自分に

“毎日使うものだから、
質にこだわりたい”

グレインレザーを使ったジップウォレットとカードケース。ウォレットは外にもポケットを配するなど、実用性の高さが見どころ。カードケースは、反対側がクリアポケットになっておりIDカードを入れられます。「ロゴがさりげないのが好印象。革の質感がとても手馴染み良く、使い込むほどにいい表情を見せてくれそうです。カードケースのゴールド金具もいいですね。今使っているものが買い替え時と思っていたので、この機会に」

GIFTSforお世話になった人に

“いつもと違う、
それもギフトの醍醐味”

シルクのネクタイにあしらわれているのはキツネ。ギフトシーズンに向けて、この他にも犬や魔女など、遊び心のあるモチーフが揃っています。「これ、すごくカワイイですよね。普段無地やレジメンタルしか選ばない人にこそ、こんな遊びの効いたネクタイを贈りたいです。といっても、あくまでもブルックス ブラザーズ。その信頼があってこそ、こうした遊びは成り立つんです。予算があれば、モチーフ違いでセットにしても良さそうです」

GIFTSfor友人に

“特別な感じがする
美しい色合いが決め手”

ケーブル編みがトラッド感を盛り立てるウールニット。胸にはゴールドの糸でゴールデン フリースが刺繍されています。「パープルは一見すると難易度が高そうですが、トーンが抑えられておりいざ着ると意外にナチュラルな雰囲気を楽しめます。それでいて、暗くなりがちな冬コーデのアクセントとしてお役立ち。普段色物を着ない友人にこそ、この使い勝手の良さを実感して欲しいです。金の刺繍が、特別感があっていいですよね」

GIFTSfor部下に

“実用品こそ、
こだわりをもって贈りたい”

二重壁による真空断熱技術を採用する、ハイドロフラスクのステンレスボトルに別注したこちら。上品なカラーを纏いつつ、ゴールデン フリースがプリントされます。「0.47リットルサイズは、日常使いに便利。バッグに入れても邪魔になりません。これから寒い冬ロケシーズンに突入するので、その時に活躍してくれるかと。ハンドル付きで持ちやすいのもいいですよね。ゴルフで自分が使う用として、もう1本買っておこうかな(笑)」

PAGETOPPAGE
TOP