新規オンラインショップ会員登録で、もれなく【500ポイント】プレゼント 6月30日(金)まで

ブランドストーリー  1.ポロカラーシャツ

革新を伝統に 1896年。ブルックスブラザーズは、新しい時代のボタンを押した。

いまや世界中で定番のファッションアイテムとなっている、ボタンダウンのシャツ。
ブルックス ブラザーズでは「ポロカラー シャツ」と呼ばれるこのスタイルのはじまりは、創業者の孫ジョン・E・ブルックスによる、ちょっとした発見にありました。

それは、英国でポロの試合を楽しんでいたときのこと。選手の一挙一動を追う彼の視線が、ふと、ある一点に注がれました。
視線の先には、選手の襟。ポロ競技専用にデザインされたユニフォームの、その柔らかな襟は、試合中に風にあおられてプレーの邪魔にならないようボタンで留められていたのでした。
さっそく、ニューヨークにあるブルックス ブラザーズの工場に持ち帰った彼。のちに米国の服飾史上もっとも模倣されたともいわれるスタイルは、こうして生まれたのでした。

もはや定番中の定番となっているため、これがどれほど革新的なものであったかは、いまではちょっと想像しづらいかもしれません。
しかし100年以上の時を経ても、古くなることなく愛されつづけているという事実だけでも、その「ささいな思いつき」の価値を表すには十分といえるのではないでしょうか。

Next Story : レップ ストライプ タイ

5つのブランドストーリー

ポロカラーシャツ

1896年。ブルックス ブラザーズは、新しい時代のボタンを押した。

レップ ストライプ タイ

1902年。ブルックス ブラザーズは、英国軍の定番をおしゃれに反転させた。

ノンアイロン ドレスシャツ

1953年。ブルックス ブラザーズは、自ら身なりを整えるシャツをつくった。

ピール・アンド・カンパニー

1953年。ブルックス ブラザーズは、その歴史に気品ある一歩を記した。

ゴールデン・フリース

1850年。ブルックス ブラザーズは、妥協のない品質を一匹の子羊に誓った。

PAGETOPPAGE
TOP